Category 空港あれこれ

失敗しない乗り継ぎとは!

フライトを利用する旅行で一番困るのが、乗継便を逃すことです。大事な旅行の計画が大幅に狂ってしまうのはもちろんの事、もし仕事だったら大事なアポイントに穴をあけてしまいますし、親友の挙式に参列できなくなってしまうこともあります。自分の力ではどうすることもできない、天候や、航空会社の機材調整などはありますが、ほんの少しの工夫で大幅にそのリスクを減らすことが可能です。

今回は3つのポイントに分けて、乗り継ぎに失敗しない方法をお伝えします!

予約時の注意!

空港で次の便に乗り継ぐために、走らなければならなかった経験はありますか?その原因のほとんどは、オンラインで航空券を予約することによるものです。空港にはそれぞれ乗り継ぎに必要な、最低乗り継ぎ時間MCT(Minimum Connecting Times)が設定されています。

 

この最低乗り継ぎ時間がくせ者で、絶対に乗り継げないような短い時間を設定している空港が多々あります。フランクフルト・アム・マイン国際空港は東京ドーム400個以上の広さがありますが、最低乗り継ぎ時間は国際線から国際線の乗り継ぎで1時間です。もし日本からフランスにフランクフルト空港を経由していく場合、どちらもシェンゲン協定の加盟国なので、入国審査は最初に上陸した加盟国のドイツでおこなう事となります。1時間で入国審査、ゲートの移動はどんなに慣れている人でも、急がざるを得ません。

 

では一体どうすればよいか?

 

予約時に乗り継ぎ時間をしっかりと確認することです。

 

■フランクフルト・アム・マイン国際空港

乗り継ぎ時間をかなり長めにして予約する!

国際線では空港の大小にもよりますが、3時間以上の乗り継ぎ時間を取ることをお勧めします。アメリカのハブ空港(シカゴ、ロサンゼルス、アトランタ、デトロイト等)は4時間あっても長すぎることはありません。アメリカは最初に上陸した空港で入国審査、荷物のピックアップ、荷物の預入、ゲートの移動があるので乗り継ぎ時間を多く取っても困ることは無いのです。

■デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

国際線は大型機材を利用することが多いので、飛行機を降りるのにも、300名を超える人が動きますので時間がかかります。飛行機を降りて入国審査を終えたらもう1時間が経過していたなどはよくあることです。

 

国際線はちょっとしたことで、1時間のディレイなどは起こりえます。時間に余裕があれば、到着時にゆっくりトイレ休憩をとったり、余った時間をラウンジで優雅に過ごすこともできます。

 

乗り継ぎ空港と航空会社について事前に確認する

乗り継ぎの空港が改修工事をしていないか、次のフライトの航空会社は何か?、セキュリティゲートを通る必要があるのか、税関を通る必要があるか、別のターミナルに移動する必要があるか?、ターミナルの移動は、シャトルバスか、電車か?などを航空券を購入する前に確認すべきです。

 

どんなに料金が安くても、ターミナル間の移動が大変だったり、煩雑だったりでは、楽しいフライトの移動も辛いものになってしまいます。言語や体力など能力に合わせた乗り継ぎ空港と、航空会社を選ぶことが大切になります。

 

同じ航空会社を選ぼう!

料金の安さにひかれ、複数の航空会社を利用する航空券を予約してしまうと、大変な目に合う事があります。同じ航空会社を利用する場合は預けた荷物は目的地までピックアップの必要がないのに、別の航空会社の場合は、ピックアップして再度チェックインが必要になったりします。

 

また最初のフライトが遅延して、次の違う航空会社の便に乗り継ぎできなかった場合も、一切航空会社で保証してもらえることはありません。新たに別途で航空券を購入することになり、最終的には高くついてしまう事も。

 

同じ航空会社を利用するメリットは他にも、同じターミナル内での乗り継ぎだったり、万が一乗り継ぎが出来なかった場合(最低乗り継ぎ時間を満たしていれば)は、代案便を用意してくれます。

 

 

失敗しない乗り継ぎまとめ

海外旅行につきものの乗り継ぎですが、対策次第でリスクをかなり減らすことができます。

  • 予約時から、乗り継ぎ時間を意識する
  • 国際線乗り継ぎの際に必要な時間の目安は3時間以上
  • 乗り継ぎ空港を事前にリサーチ
  • 同じ航空会社での乗り継ぎを心掛ける

乗り継ぎをしっかりコントロールして、楽しい海外旅行をより良いものにしましょう!

シンガポール・チャンギ国際空港 Singapore Changi International Airport

シンガポールチャンギ国際空港はシンガポール島の東端にある、アジアの代表的なハブ空港で、2019年世界の航空・空港の格付け調査を行なうスカイトラックスが発表した「世界ベスト空港2019(World’s Best Airport in 2019)」で、総合1位を獲得しました!2013年から7年連続の1位です!

100以上の航空会社が乗り入れており、トランジットでの利用客が多く、乗り換え効率の良さや、充実した設備、質の高いサービスが好評価に繋がっています。

ターミナルは4つあり、特にターミナル3は開閉式の天窓から自然光が注ぎ、壁面緑化もされており、利便性の高さと共に、居心地の良さも折り紙つきです。

空港の屋上を彩るのは500本のヒマワリが咲き乱れるサンフラワーガーデン。

オーキッドガーデン&コイポンド(Orchid Garden & Koi Pond)

錦鯉が泳ぐ池の周りを、さまざまな種類の蘭が咲き乱れるこのスポットで、華やかさと豪華さは、チャンギ空港でも随一です。蘭の花はシンガポールの国花であり、象徴的な存在です。

チャンギスイミングプール(Changi Swimming Pool)なんと、空港内にプールがあるんです! 朝6時から24時まで営業しており、17シンガポールドル(約1,500円)で利用が可能です。広いプールを泳ぎ回ったり、プールサイドでお酒を飲めたりと、空港の施設としては考えられない快適さです。

シンガポール・チャンギ国際空港は乗り継ぎにわざと時間を取って遊びたくなるほどエンターテイメントに溢れている空港です。ぜひ一度空港を遊びつくしてみて下さい!

TOP

深圳宝安国際空港 Shenzhen Bao’an International Airport

香港に隣接し、経済特区に指定されている都市・深センの近郊にある空港が深圳宝安国際空港です。2013年既存の3つのターミナルの代わりに、延床面積45万9,000㎡の巨大な第3ターミナルが完成しました。

建物をガラスとスチールの二重構造で覆うことで、自然光を活かしつつ、遮音性や断熱性も高めています。設計はアルマーニ銀座タワーも手掛けた、マッシミリアーノ&ドリアナ・フクサスで、ありとあらゆる場所が蜂の巣をした形をした六角形のハニカム構造になって、不思議な世界へ入り込んだような感覚になります。また天井がゆるやかな曲線を描き、六角形をした開口部はまるで、気泡のようにも見えます。

かつて「世界の工場」と呼ばれた中国広東省深圳は今や「中国のシリコンバレー」になっています。そんな深圳のイメージに合ったこの美しい空港は必見の価値ありです。

 

ドバイ国際空港 Dubai International Airport

UAEを構成するドバイ首長国の首都・ドバイにある空港で1985年の設立から短期間で躍進を続けるエミレーツ航空の拠点となっています。中東を代表する商業・金融都市らしく、空港も近代的かつゴージャスな佇まいを見せています。

ロビーでみられる金色のヤシのオブジェも中東を感じさせる装飾だが、一方で2008年に運用を開始したエミレーツ専用のターミナル3(現在は同社と提携したカンタス航空も利用する)は、シャルル・ドゴール空港の設計で知られるポール・アンドリューによる設計で、三日月状の柱に支えられた未来的なエントランス、白を基調としたクリーンなインテリアが特徴。このターミナルはエコノミークラスのチェックインカウンターを120用意するなど、抜群のホスピタリティで利用客を24時間体制で迎え入れています。

世界で初めてA380のみが離発着する専用施設として建設されたコンコースAはエミレーツ専用のターミナル3に新設。搭乗ゲート数は20で、欧州や北米、オーストラリア、アジアの21都市への発着拠点となっています。総面積は52万8000平方メートルで、11階建て。年間1500万人の利用客に対応できる。広さ約2万9000平方メートルと世界最大級のファーストクラスとビジネスクラスのラウンジは、それぞれ専用フロアに配置されており、搭乗口に直結しているのは世界初。免税ショッピングエリアやフードコート、カフェ、高級レストラン、スパのほか、4つ星や5つ星の客室を持つ専用ホテルフロアがある。さすが総二階建てA380を100機以上保有するエミレーツ航空です!

お問い合わせ

TOP

世界で一番大きい空港!

2019年現在、空港面積の広さ世界一はサウジアラビア王国のダンマームにあるキング・ファハド国際空港でその広さはなんと776㎢!シンガポールの国土721㎢よりまだ大きいこの空港はギネスブックにも世界記録として登録されています。

続いて2番目の空港面積の広さを誇るのがデンバー国際空港です。137㎢の面積で交差しない6本の滑走路を持ち、2機同時離着陸も可能にしており、最大で12本まで滑走路を増やすことができるように設計されています。

3番目の空港面積を持つのはダラスフォートワース空港です。70㎢とニューヨークのマンハッタン島より広いこの空港は世界最大手のアメリカン航空が発着枠の7割を押さえており、同航空会社のハブ空港になります。

4番目の空港面積を持つのはワシントン・ダレス国際空港でアメリカの首都ワシントンD.C.の国際線の玄関口で52㎢の広さを持ち、36の航空会社を通じて、125の国内および国際線の目的地へ直行便を提供しています。

5番目の空港面積を持つのがカンザスシティ国際空港で43㎢の面積を持ち3 本の滑走路と、60 のゲートを備えた 2 棟の管理旅客ターミナルがあります。

空港面積なので、砂漠であったり、空き地のようなものもありますが、スケールの大きさを感じる事ができますよね!また別の視点でも比較してみたいと思います。

世界で一番小さい空港??

 

お問い合わせ

TOP

麻薬探知犬のお仕事!

shutterstock_70494163

 

最近の国際空港には多くの場合麻薬探知犬がいます。人間よりもはるかに優れた嗅覚を使って麻薬の密輸を阻止するためです。犬種は扱いやすさで定評があるラブラドール・レトリバーが多いです。彼らの持ち場は2つあります。一つ目は皆さんも目にする、空港の荷物受取場です。犬たちはハンドラーと呼ばれる税関職員とともに動き回り、麻薬のにおいを嗅ぎつけると、そばに座りこみます。そしてもう一つは旅客機から下した荷物をベルトコンベアに載せるソーティング場です。こちらは単独で行動し、麻薬の入っているカバンを発見するとそのカバンをひっかきます。これを見た税関職員がカバンを開けて、麻薬を探すのです。ばしばし麻薬を見つけて治安を守ってもらいたいですね!

面白い空港! シリーズ3

home-slide5

 

カリブ海の島、セント・マーチンのマホ・ビーチは、美しい海以外にも素晴らしい魅力を持つスポットです。なぜなら、細い道路を挟んだ場所にあるプリンセス・ジュリアナ国際空港に着陸する大型機が、上空15mという至近距離を通過して行くからです!これは滑走路が大型機がギリギリ利用可能な2,300mしかないのが原因で、滑走路を目一杯使うためにビーチを超低空飛行で通過する必要があるからです。ど迫力の離着陸が体感できるので、航空ファンにも愛されており、ビーチ内の施設には飛行機の離着陸の時間を親切に掲示してくれています!航空ファンなら一度は訪れたい空港ですね!

面白い空港! シリーズ2

PA150447

ラスベガスのマッカラン国際空港は世界最大級のホテルが並ぶストリップストリート近くに位置し、着陸する前の飛行機からエンタメ感にあふれた建築群を眺められるのが最大の魅力です!その代表格がピラミッドやスフィンクスを再現したルクソールホテルです。このエジプト名所をバックに飛行機が離着陸する奇妙な光景が楽しめます!そしてこの空港内には当然のようにスロットマシーンが並んでいます!搭乗直前までギャンブルに興じる事ができるなんて、さすがラスベガスです!

面白い空港! シリーズ1

21010619

 

ビートルズの街、イギリスのリバプールにあるリバプール・ジョン・レノン空港はビートルズファンにはたまらないスポットです。新ターミナルのオープンに合わせ、2002年に現在の名称に変更され、ロゴにはジョン・レノンの自画像とともに「イマジン」の一節が「Above us only sky」が刻まれ、彼のブロンズ像も設置されました。そして2005年には写真にあるイエローサブマリンのオブジェが登場しました!1984年にリバプールで開かれた「インターナショナル・ガーデンフェスティバル」のために作られ、その後は街の中心部にあったもので、現在は空港の入口付近に設置されています!ビートルズファンのランドマーク的存在になってます!

自動化ゲートでぱっと出入国!!

Heathrow_Terminal_4_ePassport_gates

出入国審査の行列で並んでいる時間は、少しでも短縮出来たらいいですよね。そこで近年出入国審査の自動化ゲートの導入が各空港で進められています。日本では成田空港第一ターミナル、第二ターミナルの各出国審査場&上陸審査場、羽田空港、中部空港、関西空港の各出国審査場&上陸審査場の4つの空港で自動化ゲートが設置されています。約5分程度で登録手続きを完了することができます。登録がすんだら、ゲートでパスポートをかざし指を置くだけ。駅の改札でSuicaをかざす感覚で出国審査を終えられます。出入国審査で毎回おされていたスタンプも押されないので、海外出張で余白の残りを気にしなくてはいけない方にはお勧めです!