Category 機材トリビア

まるでホテル!シンガポール航空のA380新型スイートクラスが凄い!

エミレーツ航空のA380のファーストクラス情報をお伝えしましたが、世界にはもっともっと皆さんにお伝えしたい情報がたくさんあります。

ちなみに、エミレーツ航空の記事はこちらから⇓

「飛行機で○○ができる??!!エミレーツ航空A380の秘密!」

同じくA380(エアバス社の380型旅客機)を要するシンガポールのファーストクラスも素晴らしいサービスがあります。

本日はシンガポール航空のファーストクラス、それも今あるシンガポール航空の中で最新&最上の新スイートについてご紹介します。

いつかの時のファーストクラス搭乗の為に…ぜひイメージしてお読みください♪

 

 

シンガポール航空について

まずはシンガポール航空についてのご紹介から。

シンガポール航空はシンガポール・チャンギ空港に拠点を置く航空会社で、ANAと同じスターアライアンスグループに加入しています。シンガポールを拠点に世界60都市以上の路線があり、東南アジアはもちろんインドやヨーロッパ、中東、北米、南米など世界各地へ行くことができます。また、シンガポール航空はホスピタリティが素晴らしく、何度もベストオブエアラインに選ばれるほどです。

 

シンガポール航空についての詳しい情報はこちらから⇓

シンガポール航空

 

 

 

旧型スイートから新型スイートクラス

2017年10月にシンガポール航空は世界で一番初めにA380を商業飛行として飛ばしました。その際、ファーストクラスを越える「スイートクラス」を世界で初めて導入しましたが、その後中東系航空会社などが台頭し、導入当初は世界を驚かせていたスイートクラスもだんだん力がなくなってきてしまいました。

そこで出てきたのが、新しいスイートクラス!いわば2代目スイートです!

 

 

ちなみに旧スイートも完全独立型ベッドの個室タイプの客室です…(2つの写真は旧スイートクラスの紹介写真です。これでも筆者には有り余るほどの贅。。。)

座席をベッドメイキングして完全なフラットな状態で寝ることができます。

気になる方は調べてみてくださいね♪

 

 

 

 

まるでホテル!新スイートクラスのここが凄い!

 

素晴らしい部分は数多くあるのですが、まず凄いのが、部屋数の少なさです。

A380は世界最大のジェット機と言われており、2階建てが特徴的です。

シンガポール航空の新スイートクラスは、2階に上がったところの先頭部分にあり、ゼ席配置は1つの通路を隔てて左右に1つずつが3つ並んでいます。

シートマップを見てみましょう!

 

お気づきでしょうか?

 

 

 

そうです、6席、いや、6室しかないのです…!!!!

 

なんと贅沢なつくり。

ギャレーを挟んだビジネスクラスの配置と比較してみると、その広さが分かるかと思います。

ちなみにビジネスクラスも素晴らしいのです!敢えて2回言いますが、ビジネスクラスも素晴らしいのです!!

 

A380の場合、総2階建てになるので、1階はプレミアムエコノミー&エコノミークラス、2階にビジネスクラス&ファーストクラス(スイートクラス)の配置となります。

「2階に行ける=ビジネス以上」になりますので要チェックです。

 

 

そして仕切りを開けるとこのような空間が登場します。

 

The couple who regrets parting on a platform

 

そうです、個室です。

シートというよりは、まさしく「個室」

これをホテルと言わずなんと形容したらよいのでしょうか…

注目ポイントは座席がベッドになるわけではないのです。

 

「座席と別にベッドがある」!!!

広い空間だからこそ実現する贅沢さですね。

 

 

 

ちなみに先頭から2列目の「お部屋」はカップルやご夫婦での利用に最適です。

なぜなら、就寝時のベッドがこのような形に変貌するので…

The couple who regrets parting on a platform

 

驚きのダブルベッド!!!!

 

 

これが空の上だと誰が思うでしょうか?

パジャマに着替えて座席に戻ってきたら(パジャマももちろん準備されているものです)、CAさんがベッドメイキングして、この光景が広がっているのです。

まさしく夢のよう!

筆者はもしこんな光景を目にしたら、旅館かここは…!と叫びたくなりますね。

 

 

 

 

もちろん食事も超一流です。

シンガポール航空はスイート、ファーストと同様になるのですが、最高級シャンパンの飲み比べができるのはシンガポール航空のみになります。ドンペリニョンとKRUGを楽しむことができるのでシャンパン好きには堪らない、最高級の空の旅となることでしょう。

食事もコース料理を楽しむことができます。

 

 

 

今回はシンガポール航空のA380新型スイートクラスをご紹介しました。

他にも様々なサービスや驚きの空間を提供する航空会社もありますので、またご紹介できればと思います。

今だからこそ、いつかの空の旅まで皆さんが心弾ませるような、役立つ情報を発信していきます。

 

また次回もお楽しみください♪

 

 

 

RIHO FUJIWARA

飛行機で○○ができる??!!エミレーツ航空A380の秘密!

 

昨今コロナの影響でなかなか海外へ行くことが叶いませんが、そんな時はテンションがあがる海外情報を読んで海外へのモチベーションをぜひあげていただきたいものです!
今回は、エコノミークラスではなく、いつか乗ってみたい「ファーストクラス」(ビジネスクラスをポンと越えちゃいます笑)のトリビアをご紹介します。

さて、ファーストクラスといえばどんなイメージでしょうか?
リッチで優雅な方がシャンパングラス片手に広々とした座席で食事をしている、あるいは、優雅にパジャマに着替えてフルフラットに倒れるシートでの就寝…そんなイメージではないでしょうか?
もちろん私もそのイメージです(手が届かないファーストクラスはイメージも漠然ですよね)。

ただ今回ご紹介したいのは、「空でこんなことが出来るのか!」
と予想を上回るあること。

 

驚きのフライト体験ができるのはエミレーツ航空

その体験ができるのは、エミレーツ航空のA380(エアバス380)という飛行機です。
エミレーツ航空はアラブ首長国連邦のドバイを拠点とする世界6大陸へネットワークを展開している航空会社です。

エミレーツ航空についての情報はこちらから⇓

エミレーツ航空

エアバス社の380という飛行機(機材)は2階建てになっているのが特徴です。
エミレーツ航空以外にも日本からですと、ANAの成田⇔ホノルル間を結ぶ、「フライングホヌ」やタイ国際航空、シンガポール航空が運航しています。
それぞれの航空会社のファーストクラスもそれはそれは「特別」な体験ができるのですが、唯一エミレーツ航空のみで体験できるサービスがあります。
日本発のフライトでは、成田⇔ドバイが特別体験ができる路線です。

 

 

なんと機内で○○ができる!!!

 

その特別な体験とは…

 

 

 

 

 

 

機内でシャワーが浴びられるのです!!!!!!!!

 

フライトは一般的に33,000フィート(約10,000メートル) 前後と言われていますので、そんな空の上でサッパリとシャワーができる、、、驚きです!

シャワールームはトイレ設備の中にあり、トイレも広々でシャワーブースがあるという…もうホテルを思わせるような構造になっています。
ちなみにシャワーブース付きトイレは2箇所設置されています。
アメニティもシャンプー、コンディショナー、ボディソープからカミソリまであります。シャワーの間に座席がベッドメイキングされ、支給されたパジャマに着替えるので本当にここはホテルですか?という充実度。

 

 

特別な体験には注意点もあり…

空の上でシャワーなんてまさに夢のよう…ですが、少し注意点もあります。
シャワールームの利用は予約が必要です。希望の時間をCAさんに伝えると、CAさんが呼びに来てくれるシステムです。
また、シャワーは時間制限があり、1人5分間となります。
水の限られた機上では致し方のないことです…髪の長い方は「特別な体験」という形で身体を流すくらいになるかもですね。

 

 

最後に

今はどうしても海外へなかなか行くことができないですが、秋以降、年末年始など海外旅行をお考えであればぜひご相談ください。私たちも海外や旅の役立つ情報を皆さんにお伝えしてモチベーションをあげております!
コロナに打ち勝ってまた海外旅行が心置きなく楽しめる日まで、頑張りましょう!

 

 

RIHO FUJIWARA

急成長中のプレミアムエコノミー ②

エコノミーでも正規運賃など決して安くない料金を支払う乗客は依然として存在しており、支払った運賃に対するサービスとして、ビジネスクラスとの差が大きすぎるという問題が生じることになり、そこで登場したのがプレミアムエコノミーです。プレミアムエコノミーには2種類の考え方があり、ビジネスや、エコノミーと同様に独立したサービスクラスとして考えるものと、あくまでエコノミークラスの中の上級シートとして位置付けるものです。写真はデルタ航空のエコノミーシートで、米系航空会社はこれまでエコノミーシートの座席間隔のみを広げてプレミアムエコノミーとして設定するなどこのカテゴリーでは立ち遅れ気味でしたが、いよいよ本格的にプレミアムエコノミーの競争に参入してきました。航空会社間の競争も熾烈になってきていることから、今後はプロダクト面でもサービス面でもさらなる進化が期待できるクラスです。

急成長中のプレミアムエコノミー ①

ビジネスクラスのファーストクラス化が急速に進むと、その結果として生じてくるのがエコノミークラスとビジネスクラスのサービス格差の拡大です。設備、サービス面で急速に進化しているビジネスクラスに対して、エコノミークラスは設定座席数の増加などで一人当たりの空間の縮小まで起きています。ビジネスクラスのシートのゴージャス化によって、必要になった機内空間をエコノミークラスの高密度化で補っている形です。LCCの台頭によるエコノミークラスの運賃の下落などもその一因と考えられます。

ユナイテッド航空「United Polaris」

ユナイテッド航空は新プロダクトに「United Polaris」を投入しましたが、新キャビン機にはファーストクラスは設定されておらず、ビジネスクラスが機内最上級クラス。「United Polaris」は正しくは出発から到着までの空港サービスなどを含めた新サービス全体のブランド名称。今後は新シートへの刷新を進めて、ファースト、ビジネスの完全統合を図る予定です。

ビジネスクラスのゴージャス化を受けてファーストクラスを廃止する航空会社は今後も増えそうです。

デルタ航空「Delta One Suite」

最新のプロダクトで注目されているのが、デルタ航空の「Delta One Suite」です。シートを取り囲むシェルは個室と言えるほどの高さはないものの、スライディングドアを各席に装備することにより、従来のプロダクトよりも大幅にプライベート感が高まっています。

ファーストクラスと比べても遜色ないほどで、シェルは胸元ほどの高さまでしかないものの、スライディングドアを閉めるとほぼ完全なプライベート空間になります。

 

キャビン進化の行き先

昨今のビジネスクラスの進化が止まりません!
ここ10年ほどの間、長距離国際線のビジネスクラスのシートはフルフラット化が一貫したトレンドでした。そして長距離用のビジネスクラスの大部分がフルフラット化され、次の動きとしては注目されるのがシートの「個室化』です。

上級クラスの個室化はまずファーストクラスから始りました。エアバスA380を導入したシンガポール航空や、エミレーツ航空、エティハド航空、アシアナ航空などが、その有り余る機内空間を利用して、スライディングドア付きの個室型シートを次々に導入しました。

写真のカタール航空の「Qsuite」はスライディングドアによる個室化を実現しただけでなく、同行者同士のコミュニケーションを配慮して、最大4席を1つの部屋のようにして使える構造を採用しています。

機内娯楽設備に力を入れる理由!

機内食とともに機内サービスで重視されるのが、機内娯楽設備です。長距離路線では10時間以上も座りっぱなしになるので、航空会社は昔からお客様を飽きさせないために、娯楽を提供してきました。1930年代には生バンド奏者を乗せて、生の演奏を聞かせたりもしていました。近年レガシーキャリアはパーソナル機内エンターテイメントを設置するのが、普通になっています。お客様はそのおかげで、映画や音楽を楽しめるようになり、その選択も膨大で退屈せずに過ごせます。当然その設備が進化すればするほど、設備の値段は高くなり、いまでは1機当たりの設備費は約5億円ほどにもなります!その割合は機体価格の2%にあたると言われています。ここまでレガシーキャリアが娯楽設備強化に力を入れるのは、格安航空会社に対抗するためです。退屈しない空の旅を提供するのに、各社努力をしています!

旅客機の塗装が派手になっている理由とは?

近年の空港の滑走路の風景はとてもカラフルです。オレンジやピンク、赤、イエローなど派手な塗装をまとった機体が増えているからです。とりわけ格安航空の機体はカラフルで、ピーチアビエーションはピンクと紫、アジア最大のLCCであるエアアジア勢は赤を基調としています。機体塗装がカラフルになったのは、航空会社が機体塗装を宣伝媒体のひとつと考えるようになったからです。派手な塗装によって、旅行客の関心をひこうという作戦です。昔は旅客機の塗装というと、白地を基調にして、格調高くまとめるのが常識でした。旅客機がお金持ちの乗り物であったため、高級イメージを演出していたのです。しかし今は、旅客機が大衆の乗り物になっているため、格調の高さより親しみやすさ、強い印象を残すことを狙いとしています。是非レガシーキャリアとLCCの塗装の違いを比べてみて下さい!

革張りのシートは高級なの?

格安航空会社(LCC)のシートは狭いながらも、高級な革張りになっていることが多いです。コストダウン第一のLCCがなぜ価格の高い革張りのシートを使っているのが不思議なのですが、その理由は耐久性にあります。たしかに革張りのシートは導入時にはクロス張りのシートよりコストがかかりますが、長いスパンで見ると、革張りの方が安上がりになるのです。クロス張りは汚れやすい問題があり、飲み物をこぼされたりするとふき取るのも大変ですし、その間乗客の方は着席できません。しかし革張りなら、飲み物をこぼしても簡単にふき取る事ができます。耐久性でもクロス張りは破れやすいですが、革張りはクロスの何倍も長持ちします。結局修繕のことを加味すると、革張りのシートの方がコストパフォーマンスが優れているのです!近年ではレガシーキャリアでも革張りのエコノミー席シートを採用するところが出てきています。