いつから香港にいけるの?

いつから香港にいけるの?

2021年2月現在、新型コロナウイルスの影響で、まだまだ海外渡航が自由に制限なくできる状況ではありません。一日も早く状況が落ち着いて、安心して楽しく海外旅行を楽しめる日を期待しない日はありません。今回は香港にいつからいけるの?を4つのトピックに分けてお伝えしたいと思います。最後にはいつから香港旅行に行けるかの大胆予想もしたいと思います!

動画で詳しくはこちら

海外情報アレコレはこちら

香港の現状

まず香港は新型コロナウイルス陽性者の抑え込みがとても上手くいっている国で、現在までの累計陽性者数は11,046名で死亡者数は200名です。日本が累計陽性者数43.5万人、死亡者数が8,000人以上と考えると、人口が約745万人前後の香港は日本以上に新型コロナウイルス陽性者の抑え込みが上手くいっている国というのがご理解いただけると思います。昨年の2020年3月から香港は海外からの観光客を一切受け入れない鎖国状態になっており、まだ解除にしていません。そして3月現在その規制の延長が確定しまして、なんと2021年9月30日まで、海外からの入国をさせない事が決定しました。つづいてワクチンの現状ですが、2月19日には第一陣の中国製ワクチン100万回分が到着しており、一般の方にも2月26日から段階的にワクチン接種を開始しています。2月から感染状況の改善に応じて国内の規制が緩和されてきています。飲食店の営業時間が22時までとなり、一つのテーブルに4人まで着席して食事ができるようになりました。ただ飲食店に入店の際には、接触追跡アプリをスキャンするか、スマホを持っていない方は、個人情報を登録する必要があります。国内旅行の規制も緩和されてきており、早ければ3月中には国内のパッケージツアーも再開されるとのことです。

入国に必要な条件

入国に必要な条件ですが香港居民であることです。香港居民とは香港のIDもしくは、ビザを保有している人になります。香港居民でかつ、入国の際に数えて21日以上隔離宿泊する指定ホテルの予約確認書が必要です。つづいて香港居民以外に入国できるのが、中国本土、マカオ、台湾に14日間以上連続で滞在している人です。この方々も、到着後の21日間の隔離先ホテルの予約確認書が必要で、それ以外にも、もし香港入国前21日以内にハイリスク国に滞在した場合は、PCR検査の陰性証明も併せて必要です。まとめますと、現在日本の方は一切入国ができないという事になります。

フライトスケジュール

続いて、フライトスケジュールを見ていきましょう。成田国際空港からキャセイパシフィック航空と日本航空、全日空が週2便香港への直行便を運航しています。関西国際空港からキャセイパシフィック航空が週1便香港への直行便を運航しています。人の往来は、ほぼない状況ですが、逆に活発になっている貨物のニーズに対応するためにも航空会社も運休せずにフライトを運航し続けています。

まとめ&大胆予想!

最後にいつから香港旅行に行けるかの大胆予想ですが、2021年10月から観光での旅行が可能になるのではと予想します。理由の1つ目はワクチンです。日本も、香港も2月から段階的にワクチンの接種がはじまっています。そして香港の人口745万人に対して、2,000万回以上のワクチンの確保ができていますので、ワクチン接種が完了するのも時間の問題です。2つ目は季節です。ご存じの通り、ウイルスは寒い時期に活性化できる条件が整いますし、人は冬に免疫力が落ちることが多くなります。しかし春以降はウイルスの動きも落ち着き、暖かい気候は人の免疫力を上げる要因にもなります。香港政府は9月30日までは海外からの観光客の受け入れはしないとのことなので、10月には香港に旅行にいける条件が整うのではないのかと予想します!この予想が当たることを切に願っております!

 

後藤 寛

株式会社ジェイエスティ
TEL:052-264-0300

 

お問い合わせ

Comments are closed