エアライン・オブ・ザ・イヤー2019

エアライン・オブ・ザ・イヤー2019

航空会社の格付け調査を行なうスカイトラックスの、2019年の世界のベストエアライン「エアライン・オブ・ザ・イヤー2019」世界1位(ワールド・ベストエアライン)はカタール航空、2位はシンガポール航空となり、昨年と順位が入れ替わる結果に。3位は昨年と同じく全日空(ANA)がランクされました。

日系航空会社では、3位のANA(前年同位)に加えて、JALが11位(前年13位)にランクアップしました。そのほか、アジアのベストエアラインランキングでANAは2位、JALは7位。世界のベストキャビンスタッフでANAは3位、JALが8位といずれもトップテンにランクイン。また、JALは世界のベストエコノミークラスでトップを獲得した。前後の座席間隔を従来よりも約10cm拡大し、より広く、より快適な居住空間を提供する「JAL SKY WIDER」が高く評価されています。

個人的に応援している、中国国際航空は99位でした・・・・

2019年ワールド・ベストエアライン トップ20
※順位:航空会社(前年順位)

1位:カタール航空(2)
2位:シンガポール航空(1)
3位:全日空(ANA)(3)
4位:キャセイパシフィック航空(6)
5位:エミレーツ航空(4)
6位:エバー航空(5)
7位:海南航空(8)
8位:カンタス航空(11)
9位:ルフトハンザ航空(7)
10位:タイ国際航空(10)
11位:日本航空(JAL)(13)
12位:ガルーダ・インドネシア航空(9)
13位:スイスインターナショナルエアラインズ(12)
14位:中国南方航空(14)
15位:オーストリア航空(16)
16位:ニュージーランド航空(17)
17位:バンコク・エアウェイズ(21)
18位:KLMオランダ航空(19)
19位:ブリティッシュ・エアウェイズ(31)
20位:エアアジア(28)

Comments are closed