プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーの歴史

プレミアムエコノミーの歴史は、日本に就航していたヴァージンアトランティック航空が1992年に導入したことから始ります。最初はミッドクラスと名乗っていましたが、1994年から『プレミアムエコノミー』を名乗るようになり、このクラスの名称として一般にも広がることとなります。エコノミークラスとビジネスクラスの中間クラスにあたるプレミアムエコノミー。エコノミークラスとの違いを簡単に言えば、シートピッチ(座席の間隔)とシート幅が広いことと、多くの場合はプレミアムエコノミー専用のスペースがある為、落ち着いた雰囲気であることです。ただ長い間多くの航空会社はこのクラスの導入には踏み切らずにいました。その流れが変わったのは21世紀に入ってからです。流れが加速したのは、2008年のリーマン・ショック後です。世界的な不況によりビジネスマンの多くは費用の面で、ビジネスクラスに乗れなくなりました。そこで注目されたのが、プレミアムエコノミークラスです。プレミアムエコノミークラスの運賃なら会社の経費で購入が可能とのことで、そんなビジネスマンのおかげで、人気に火がつきました。ヴァージンアトランティック航空が導入したプレミアムエコノミーは座席配列が2-3-2でシートピッチが97cm。同じ機材のエコノミークラスは2-4-2の配列なので、プレミアムエコノミーは横1席分少なく、パーソナル空間にゆとりがありました。それ以外にも調整可能なフットレストやレッグレストなども標準装備されました。この仕様がその後の各社のプレミアムエコノミーの基準となります。

【全日空】

2002年に日本のエアラインで初めてプレミアムエコノミーを導入した全日空。現在は欧米線をはじめ、シドニー線、デリー線、ホノルル線と東南アジア線に導入されています。最新のプロダクトは、ボーイング777-300ERと787シリーズに搭載されており、シートピッチは約97cm、座席幅は約49cm。座席配列は777シリーズで2-4-2、787シリーズで2-3-2です。レッグレストとフットレスト、可動式のパーソナルライト、ユニバーサルタイプのPC電源、USBポートなども、各座席に用意されています。ミールサービスでは、スパークリングワインやビジネスクラスの赤ワイン&白ワインなどのアルコール類、ミニ麺類やデザート(搭乗便のビジネスクラスのもの)などのプラスアルファのサービスが楽しめます。羽田と成田をはじめとする、世界の主要空港のエアラインラウンジが無料で利用できるメリットもあります。

【日本航空】

欧米線とシドニー線、デリー線、ホノルル線と東南アジア線の一部に設定されており、最新のプロダクトは、ボーイング777-300ER、777-200ERと787-8の新仕様機、および787-9に搭載されており、JALスカイプレミアムのブランド名で展開しています。シートピッチなんと107cm!従来と比べて10cmも拡大しており、初期のビジネスクラス並みです。背もたれは固定されている、バックシェル構造を採用しており、前の席が倒れてくる圧迫感を完全に取り除いている。座面は前方に最大7cmスライドして、リクライニングとほぼ同等の姿勢が取れます。各座席には大型のレッグレストや3段階に調節可能なフットレスト、パソコンの作業ができる大型テーブル、プライバシーを高めるセンターディバイダーなども装備しています。機内食では、カップ麺やスイーツ、選り抜きのシャンパンや本格芋焼酎、ペリエなどが楽しめ、主要空港のエアラインラウンジが無料で利用できます。

【エールフランス航空】

日本路線の全便にプレミアムエコノミーが設定されており、座席配列は2-4-2の横8席。同じ機材のエコノミークラスは3-4-3の横10席と比べるとかなりゆったりとしたシート幅です。シートピッチは97cmで前席の背もたれが倒れてこないバックシェル型を採用しています。個人空間はエコノミークラスに比べて約40%広く、ヘッドレストや高さの調整が可能なレッグレストやフットレストも装備。幅広の革製のアームレストは同社の上級エコノミーらしい洗練されたデザインです。機内食はエコノミーと一緒ですが、前菜とデザートはプレミアムエコノミー専用のものを提供されシャンパンも無料でサービスされます。

【ルフトハンザドイツ航空】

日本路線の全便にプレミアムエコノミーを搭載。747シリーズでは2-4-2の横8席(エコノミークラスは3-4-3の横10席)、A340シリーズでは2-3-2の横7席(同2-4-2の横8席)を設定しています。座席幅をエコノミークラス比で最大3cm拡大して、幅広のアームレストとセンターコンソールを設けるなど、エコノミークラスと比べて最大50%広い個人空間を実現しました。センターコンソールにはカクテルテーブルなども装備され、ゆったり過ごすことができます。機内食は陶器の食器で提供され、ウェルカムドリンクや高品質のアメニティキットなども提供されます。ドイツの空港では同社の専用ラウンジが有料で利用できます。

【シンガポール航空】

最新鋭のエアバスA350-900と総2階建てのA380、ボーイング777-300ERに搭載されています。日本路線では羽田線のA350-900をはじめ、成田線(ロサンゼルス便を含む)と関西線の777-300ERにも設定されています。デザイン性の高いシートはフルレザー仕様で、機能性にも富み、リクライニングすると連動して座面前方が持ち上がり、ゆりかごのような心地よさが体感できます。可動式のヘッドレストやフットレスト、レッグレストも装備。ユニバーサル電源と2基のUSBポート、ノートパソコンや水のペットボトルなどの収納スペースも各座席に設けられています。個人用モニターはクラス最大級の13.3インチで、ノイズキャンセリングタイプのヘッドフォンが利用できます。機内食は3種類の基本メニューに加えて、人気メニューを集めたプレミアムエコノミー『ブック・ザ・クック』から主菜の事前予約が可能です。専門家が選んだワインに加えてシャンパンも用意されています。

【ニュージーランド航空】

成田・関西~オークランド線にも就航するボーイング787-9のほか、777シリーズに搭載されています。787-9では独立した客室に2-3-2の横7席配列で21席を設置しています。シートピッチは約104cmで他社よりもゆとりがあります。インクカラーのレザーシートはオーダーメイドで、調整可能なフットレスト・レッグレスト・ヘッドレスト、およびユニバーサル電源やUSBポートも各座席に装備されています。ニュージーランド製のスキンケア製品などをセットしたアメニティキットも用意されています。ビジネスクラスに準じたミールサービス、ニュージーランド産プレミアムワインのセレクションも人気のポイントです。

プレミアムエコノミークラスはビジネスとエコノミーの中間に位置するクラスです。長距離路線では特におすすめのプレミアムエコノミークラス!!各航空会社のプレミアムエコノミーの特徴をご案内致します!

 

日本航空

都市

料金(円)

都市

料金(円)

ニューヨーク 274,000~ フランクフルト 282,000~
シカゴ 269,000~ ヘルシンキ 282,000~
ロサンゼルス 248,000~ シドニー 120,000~
サンフランシスコ 257,000~ バンコク 112,000~
ホノルル 180,000~ ジャカルタ 126,000~
ロンドン 282,000~ デリー 264,000~
パリ 282,000~

全日空

都市

料金(円)

都市

料金(円)

ニューヨーク 332,000~ ホノルル 235,000~
ワシントンDC 332,000~ ロンドン 322,000~
シカゴ 332,000~ パリ 322,000~
ロサンゼルス 128,000~ フランクフルト 322,000~
サンフランシスコ 128,000~ ミュンヘン 322,000~
シアトル 128,000~ シンガポール 99,000~
サンノゼ 128,000~ バンコク 112,000~
ヒューストン 342,000~ ジャカルタ 126,000~

その他航空会社

都市

料金(円)

航空会社

ロンドン 240,000~ ブリティッシュエアウェイズ
パリ 211,000~ エールフランス航空
ローマ 249,100~ アリタリア航空
コペンハーゲン 180,000~ スカンジナビア航空
シドニー 140,000~ カンタス航空
オークランド 190,000~ ニュージーランド航空
フランクフルト 211,000~ ルフトハンザ航空
香港 83,000~ キャセイパシフィック航空
 

 

お問い合わせ

 PCサイト