【特集航空会社】フィンエアーVol.1

【概要】

社名:フィンエアー(フィンランド航空)
国籍:フィンランド
拠点空港:ヘルシンキ・ヴァンター空港
設立:1923年11月
日本就航:1983年4月(成田~ヘルシンキ)
ネットワーク:世界70都市以上
アライアンス:ワンワールド

フィンランドを代表するエアラインで、日本から最も近いヨーロッパのゲートウェイ、ヘルシンキヴァンター空港が拠点です。株式の約半数をフィンランド政府が持つ準国営航空会社で、設立は1923年と古く、当時はアエロという社名で水上機により運航を開始しました。第二次大戦で一時運航停止になりましたが、終戦後は政府の支援を基に運航を再開し、1968年にフィンエアという名称になりました。
日本への乗り入れ開始は1983年で、フィンランドという北欧のロケーションを活かして、初めて欧州と日本を北回りでノンストップ直行する、成田⇔ヘルシンキ間を就航しました。このルートは欧州と日本を結ぶ最短路線となり、ビジネスマンを中心に利便性の良い航空会社として評判になりました。
1995年には関西に就航、2006年には中部にも就航しました。日本からコンパクトて乗り継ぎに適した、ヘルシンキ経由で欧州各地に接続できるスケジュールにより、フィンランドだけでなくヨーロッパ全方面の旅客からの利用があります。近年はワンワールドメンバーの一員となり、日本路線は日本航空との共同事業を行っています。