【12月特集航空会社】 フィンエアー Vol.1

【歴史】

フィンエアーの設立は1923年11月1日。「アエロ」の呼称でスタートした世界で5番目に歴史のある航空会社です。1924年に就航したヘルシンキとタリンを結ぶ初フライトは、162キロの郵便物を輸送するフライトでした。当時はJunkers(ユンカース)水上機によるフライトであり、冬期はスキー、夏期はフロートを装着しての運航でした。1930年代後半にはヘルシンキからヨーロッパ各国首都への運航を開始。その後1947年にキャビンアテンダントが初めて搭乗するフライトが運航されました。

90年以上におよぶ歴史の中で、航空会社としては世界で初めてとなる禁煙席設置(1972)、同じく世界初の「環境マネージメントシステム規格」ISO14001(ケータリング部門、2001)取得など、環境問題にも積極的に取り組む一方、他社に先駆けてのコンピュータナビゲーションシステム導入、さらに北極上空ルートによる世界初の日本-ヨーロッパ間ノンストップ便就航など、航空業界のパイオニアとして常に時代をリードするエアラインです。安全性に関しても評価は高く、ドイツの航空専門誌「アエロ」の調査において「最も安全なエアラインのひとつ」に選出、ニューズウィーク誌の調査でも上位にランクされています。また、各国の旅行雑誌による投票でも、ヨーロッパ系航空会社中第1位に選ばれるなど、常にトップクラスに位置づけられています。

フィンエアーの歩み

1923年:11月1日設立

1972年:全てのフライトに禁煙席設置

1983年:4月、成田便就航。日本とヨーロッパを結ぶ世界初のノンストップ便

1991年:北極上空ルートよりシベリア上空ルートに変更

1995年:関空-ヘルシンキ直行便就航

1999年:航空アライアンスoneworldに加盟

2005年:関空増便、成田と併せて夏期はデイリー運航

2006年:名古屋-ヘルシンキ直行便就航

2007年:関空線週7便、名古屋線週4便に増便(夏期)

2008年:創立85周年、日本就航25周年

2009年:夏期、成田線チャーターを実施 エアバスA330を名古屋・関空線に投入

2010年:成田線を週7便に増便、通年デイリー運航を開始。名古屋線を週6便に増便

2011年:名古屋線を週7便に増便、東名阪からの完全デイリー運航を実現

2012年:夏期スケジュールにて、東名阪からの完全デイリー運航を実施

成田-ヘルシンキ線を増便、日本-ヘルシンキを合計週24便で運航

2013年:創立90周年、日本就航30年

2014年:4月1日よりJAL、BAとの共同事業を開始

2016年:5月より福岡便を週3便にて就航予定