スターアライアンス特集!エアカナダ!

1936年にカナダ政府直轄の鉄道会社カナディアン・ナショナル鉄道によりエア・カナダの前身となるトランス・カナダ・エアラインズ社が設立されました。第二次世界大戦後は運航規模を拡大し、カナダ大陸横断便、アメリカへの国際線の増発、機材補強などを行い、世界中にネットワークを広げながら、一方でローカル線運航の子会社設立なども行いました。1990年代に入ると、カナダ第二の航空会社であったカナディアン航空との競争が激化していったが、2001年にカナディアン航空を吸収して経営危機を乗り越え、カナダ最大で、世界的に見ても巨大な航空会社へと成長した。バンクーバー、トロント、カルガリーから成田への定期便の運航も行っているほか羽田空港にも就航。世界的アライアンスのスターアライアンスに加盟しており、全日空ともコードシェアを行っています。