2016年ワールドエアラインアワード!エミレーツ航空が1位に!

Doha_Airport_2008_(P1)

スカイトラックスがこのほど発表した「2016ワールド・エアライン・アワード」で、「World’s Best Airlines」の1位はエミレーツ航空でした。同賞は1999年に開始したもので、今年は2015年8月から16年5月までオンラインで調査を実施し、機内や空港での利用者の満足度をもとに決定した。1位のエミレーツ航空は3年ぶりに1位を獲得。スカイトラックスは発表に際し、1985 年の設立時にはわずか2機だったエミレーツ航空の保有機材数が現在は230機まで増加したこと、就航地も現在は80ヶ国140都市以上へと大きく拡大したことを評価 している。昨年1位のカタール航空は2位、昨年2位のシンガポール航空は3位となった。日系航空会社では5位に全日空、21位に日本航空、78位にピーチ・アビエーションがランクインしました。部門別ランキングでは、空港でのサービスを評価する 「World’s Best Airport Services」と、空港スタッフと客室乗務員のサービスを評価する「Best Airline Staff」のアジア部門で、全日空が1位を獲得しました。