中国東方航空

China Eastern Airlines

中国東方航空は元中国民航から分割された1社で、上海を運航拠点とする航空会です。日本へは、中国の航空会社では最多の17空港へ乗り入れ、週270便を運航しています。近年は日本から中国への足だけではなく、地方空港から上海経由で世界へ通じる便利なルートになっています。

 

会社データ

社名:中国東方航空

国籍:中国

拠点空港:上海・浦東空港、上海・虹橋空港

設立:1988年

日本就航:1988年(中国民航の路線を引き継いだため成田~上海など多数)

アライアンス:スカイチーム

ネットワーク

中国東方航空の最大の拠点は上海であるが、同じく中国民航から分割され、西安を拠点にしていた中国北西航空と、昆明を拠点にしていた中国雲南航空、また武漢航空なども統合したので、上海のみならず、西安、昆明、武漢なども拠点にしており、中国国内線ネットワークを充実させています。2010年には上海航空を買収して完全子会社化しました。国際線は主に、上海、昆明を拠点にしていて、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカに就航しています。