ユナイテッド航空

United Airlines

ユナイテッド航空は2013年度WATS統計において旅客キロ(有償旅客が搭乗し、飛行した距離の合計)部門の世界一に輝き、文字通り世界最大級のエアラインとなりました。日本では、成田、羽田をはじめ、計7空港に就航し、北米、アジア、太平洋の軽11都市へ直行便を運航。成田は同社のハブ空港のひとつです。サービス面では、太平洋路線のビジネスクラスにフルフラットシートの導入が完了したほか、Wi-Fiの導入も進んでいます。

会社データ

社名:ユナイテッド航空

国籍:米国

拠点空港:シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、デンバー、ワシントンD.C.、ニューヨーク(ニューアーク)ヒューストン、成田、グアムの各空港

設立:1926年4月

日本就航:1977年4月(羽田~サイパン線、旧コンチネンタル航空)

アライアンス:スターアライアンス

ネットワーク

ユナイテッド航空は、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ヒューストン、ワシントンDC、デンバーの米国本土7都市へ直行便を毎日運航しており、米国のゲートウェイからは、北米内はもちろん、中米やカリブ海方面、南米などへもネットワークが豊富です。また、日本国内の6都市(新千歳・仙台・成田・中部・関西・福岡)からのグアムへ定期便を運航しており、グアムからはサイパンやパラオなどへも同社便で乗り継げます。アジア方面ではソウルに直行便を運航しており、一部のグアム線を除き、すべて毎日運航であることもポイントです。