オーロラ航空

 

Aurora Airlines
オーロラ航空は、ウラジオストク航空とサハリン航空が合併して2013年に誕生。アエロフロート・ロシア航空グループの一員でもある。北海道とサハリンは目と鼻の先、そんな日本から最も近い国際線、ユジノサハリンスクへの定期路線を新千歳から運航しています。
会社データ

社名:サハリン航空

国籍:ロシア

拠点空港:ユジノサハリンスク空港

設立:2013年

日本就航:1994年(函館~ユジノサハリンスク、前身のサハリン航空時代)

アライアンス:非加盟

ネットワーク

オーロラ航空の日本への乗り入れは、前身のサハリン航空が1994年に開設した函館~ユジノサハリンスク線が最初です。運航はアエロフロート・ロシア航空に委託しており、機材は旧ソ連製のプロペラ機、アントノフAn-24。日本発着国際線では唯一のプロペラ機でもあった。新千歳乗り入れが認められるのは2001年からで、この時に機材も自前のものになった。現在はオーロラ航空のネットワークは、ユジノサハリンスクなどを拠点に、日本線のほかロシア国内線、韓国線、中国線といったアジア太平洋地域とロシア極東地域を結んでいます。